赤い恋人さくらんぼ収穫ボランティア

先日行っていた、山形さくらんぼ部の

さくらんぼ収穫ボランティア。

山形の天童にある、おざま農園にお世話になりました。

6月の佐藤錦は30名くらいが収穫、仕分け、パック詰めで来ていました。

朝4時起き、

5時から脚立登りさくらんぼ収穫

7時半に朝食

11時まで収穫

13時ー17時までパック詰め

って感じのスケジュール

さて、こちらの山形さくらんぼ部の活動は、5年目みたいです。

山形での宿(ビジネスホテル)とごはん(ちゃんと仕出し弁当、用意するかわりに、

自腹交通費で来てもらいボランティアするという仕組み。

さくらんぼ農家何軒かをとりまとめてボランティア受け入れ体制をとっていました。

集中的にこの時期、人手が足りなくなるため

地元でなく東京や他地域からも呼んでました。

すごい人は岐阜、京都から来てましたね。

今回の、山形天童の小座間さんという方の取り組みはうまくいっていて、仕組み化されてきてます。

こういう、助け合い、ボランティアバイトみたいなこと、旅する発酵料理家には現地見れて、生産者とつながるよいきっかけになります。

今年、おざま農園、小座間剛さんのインタビューが

Kindleの書籍にもなったんですよ。

良かったら、読んでみてください。

フェイスブックで山形さくらんぼ部のグループあります。

さくらんぼボランティアが気になる方はぜひ見てみてくださいね。

ちなみに余談。

さくらんぼサイズはM L 2L以上と

あるのですが。

サイズをもう目視で選別できるようになりました。

パック詰めはヘタが中に入れて粒が並ぶように綺麗に並べると二割り増しに高そうに見えます。

帰ってきてスーパーに売られてり佐藤錦が雑にパック

詰めされてるの見ると、気になり直したくなりますね。笑

おざまさんの山形さくらんぼ部の取り組みの出版本はこちら

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA