暮らしに寄り添うお裁縫くらす

暮らしに寄り添うって、こういうことね?!

そして、久々にヴィパッサナー瞑想者と、

朝夜、瞑想して座りました。

古民家で、お裁縫くらすベレー帽作りを開催!

場所は千葉の茂原駅から車でいった、長南町にある芳泉茶寮。

古民家カフェ、芳泉茶寮は素敵な築160年の古民家

千葉県の茂原駅から車で20分、長南町にある

築160年の古民家カフェの芳泉茶寮さんへいってきました。

http://healthytastyandwise.blog.jp

こちらは高橋夫妻が思うこの古民家への思い、修復作業をされたことが書いてあります。

https://www.hosensaryou.jp/housensaryo_html

今回は一泊二日で行ったので、

芳泉茶寮の高橋夫妻には大変お世話になりました。

ロンドン、上海と、外国に住み、四ツ谷から

茂原の古民家を買い、移住してきたご夫婦。

ヴィパッサナー瞑想の指導者となり、瞑想することを人生のメインにおいて、生活をされています。

話していてとても、楽しい充実した話が色々できた2日間となりました。

実は高橋さん、国際弁護士として大活躍をしていた経歴もあり、人生、生きること、経済の仕組み、お金のこと、色々と思うことがあり。

その後、この茂原の古民家へ移住しました。

今の方が心や暮らしは豊かだと言ってましたよ。

私も新宿に、住みファッションデザイナーの仕事をしていて、鶴巻温泉へ移住したので

凄く同感するところが多々あります。

人生、これからどう生きるべきか

色々ヒントをいただく滞在となりました。

お裁縫くらすは、初めてさんもベレー帽作りました

みなさん、初めてベレー帽作りする方ばかりで、自分でもできるのね!

と、好きな生地を選んで裁断、縫製して3時間ほどで仕上げましたよ。

次回のお裁縫くらす@芳泉茶寮は7月あたまに。

年代ものの、足踏みミシンが出てきたので、直してこれ使って縫い仕事したいなあと思います。

芳泉茶寮さんの素敵な室内

芳泉茶寮のオーナー、高橋夫妻は上海に住まわれていたのもあり、中国茶器も戸棚にかなり揃えられていました。

美味しい点心や中国茶が飲みたくなった場合は、ぜひ茂原の芳泉茶寮へ。

昔ながらの古民家がほっとしたゆったり流れる時間を提供しますよ。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA