時空と場所のトリップ!400年の茅葺き古民家レストランでプレミア体験

時空と場所のトリップ!400年の茅葺き古民家レストランでプレミア体験

日常から離れてどこか遠く旅に来たような、金沢や岐阜に行ったような、、一日を過ごせる古民家レストラン体験をしてきました。

築400年古民家の使って、そこで住んでるかのような気分になるという、【あしがり郷瀬戸屋敷】

借りられる古民家として神奈川県の開成町が所有しています。

囲炉裏や竈門を薪や炭を使って火を起こして、美味しい発酵ご飯もいただけます。

あしがり郷瀬戸屋敷では古民家を1日貸し切りして【茅葺きレストラン】が始まりました!

断言します!この【茅葺レストラン】めちゃくちゃおすすめです。

なぜなら6名限定の少人数対応のため、プレミア感が半端ないのです。

また、スタッフのホスピタリティーが素晴らしく、おかえりなさい、、という感じと古民家での懐かしい中に、高級さがあるもてなしをし体験できます。

火起こしや、釜飯作りも一緒にスタッフお手伝いしながら、みんなで作り上げてランチをつくります。1日ゆっくりできて、まるで日本昔話のおばあちゃんちに来たよう。

黒服のスタッフの方が立派な門の前にてお出迎えで待っててくれてました。ここから、早速テンションあがりますね。

受付、検温をおえたらウェルカムドリンクをいただきながら、瀬戸屋敷の400年の歴史を聞き、今日のスケジュールやスタッフ自己紹介や一日のご案内をされます。

この瀬戸屋敷は、神奈川県開成町が400年の茅葺き古民家を買取り、数億円をかけてリノベーションをして、借りられる古民家に生まれ変わりました。

先月から茅葺きレストランとして、新しい企画をはじめるよ、とスタッフの方から聞いたので、旅する発酵倶楽部のメンバーで体験!

こちらでは旅する発酵倶楽部で何度も借りて主催でイベントをさせていただいていましたが、今回はお客様として参加しました。

みんなお揃いの割烹着で。

竈門をつかった10合(一升)のメガ釜飯がメインに、瀬戸酒造の酒粕や麹を使った発酵おかずがならびます。みんなで囲炉裏を囲んでお膳でいただくと、とっても背筋がのびますね。

メニューは1ヶ月半ごとに変わり、季節の釜飯やおかずをいただけるので毎月行ってもいいくらい。

こちらは釜飯体験もするので、季節の地域の食材を、使っていきます。

色々と料理の仕込みも一緒にスタッフとして参加者と火起こしや羽釜ごはんもセットするのも、お手伝いしながら。これも楽しい時間になりました。

自分達が火起こしした竈門で炊いた釜飯は、とてもいつもより美味しく感じますね。

瀬戸酒造の酒造り

さて、ゆっくり囲炉裏でメガ釜飯いただいたら、、。午後からは瀬戸屋敷近くの【瀬戸酒造】へ移動して酒蔵見学をさせていただきました。

40年くらい閉めていた酒蔵を四年前に、杜氏を招き、再復活した酒蔵なんです。

世界のさまざまな日本酒の賞を総なめ、受賞しているという、日本酒業界をざわつかせている瀬戸酒造。復活劇が凄すぎますね!

酒蔵から、[見学前日は納豆を食べないできてください]との連絡が。

納豆は酒作りで使われる麹菌より強いので、感染しやすいのですよね。そんな注意事項を、守りつつ白装束?!に着替えて見学させていただきました。

こちらは仕込んだ酒を絞り、酒粕と酒にわける圧力かける機械です。
瀬戸酒造のお酒販売する店舗は流水流れる川沿いに。

見学したらテイスティングしたいよねということで門打庭園をみながら、日本酒試飲会も。

さまざまなお酒はラベルと中身にはストーリーがあり、そのお話も瀬戸酒造の方から説明していただきテイスティングをしていきます。

麹でなく開成町の名産、アジサイの花の酵母日本酒もいただけます。なかなか珍しいお酒なので、こちらに来た際にはぜひアジサイ酵母のお酒を飲んでみてくださいね。

【茅葺きレストラン】あしがり郷瀬戸屋敷を一日、夕方まで使用できるとのことです。まだまだゆっくりできる時間がつづきます。

なので、今回はゲストでいとこに来てもらい、【瞑想シータ】というヘッドマッサージを畳の部屋で施術してもらう事に。

優しくタッチする手技で、脳波をシータ波、まどろみ状態に持っていきます。

常日頃、ストレスや緊張感、自分の考えの束縛などから解放するきっかけになるような時間に、自分らしい一歩を踏み出す実現脳になるそうです。

瀬戸屋敷の築400年の歴史ある和室で寝転んで施術してもらうと時空をこえた不思議な感覚になるみたいです。

瞑想シータの瀬術をしてる間に、竈門の熾火(おきび)を使い酒粕まんじゅうを蒸したり、ほうじ茶焙煎したり。

気づくと、もうおやつの時間。。

囲炉裏を囲んでおまんじゅうとお茶タイムを楽しみました。なんだか、一日ここにいると、、時空と場所を超えて、現実世界に戻れるのかわからない感覚になりますね。

楽しかった一日も終盤に。

敷地内にあるカフェHAKKOからコーヒーやお菓子の差し入れもいただいて。大満足の1日となりました。

10合のメガ釜飯もお洒落なパッキンをして、竹の箸置き、メニューの紙もセットしてお土産にいただいてしました。

【茅葺きレストラン】はスタッフの方々が色々と気を利かせてくれるので居心地よい時間を過ごす事ができます。

大好きな仲間や家族のお祝いや、記念に一日貸切りに良い思い出づくりになるのでぜひ、興味ある方は体験しに来てみてくださいね。

瀬戸屋敷の茅葺きレストラン詳細はこちらに。

https://setoyashiki.stores.jp/items/618fbe8c54ddd86685625fc5

今後は地元農家さんと関わるプランも用意してるそう。畑から、食卓まで、一日がかりで素敵な古民家で過ごすと、食材や地域の繋がりなど貴重な体験が出来そうです。

一日ゆっくり時空を超えた時間を体験してみたいかたはおすすめです!

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください