<限定10名>発酵茶*阿波晩茶の樽オーナー募集します!

徳島の乳酸発酵茶、阿波晩茶知ってますか?ぜひ日常的に取り入れていただきたい発酵茶です。

最近、その素晴らしい効能に注目を浴びている世界でも珍しいお茶を木樽で発酵させた阿波晩茶。
毎日飲むことで、アレルギー改善や、糖尿病予防や、高血圧予防、腸内環境改善など
さまざまな効果が研究で報告されています。

平安時代から、阿波晩茶は徳島県上勝町の山の奥で作られているそうで、その歴史は古いのです。

徳島阿波晩茶について


上勝町の阿波晩茶協会に視察に行った時の情報もまとめています。

徳島の上勝町周辺で作られる乳酸発酵茶
通常のお茶摘み時期より遅れ8月あたりから収穫されるため、早生に対して遅い意味で晩茶と書きます。
収穫されたら、茹でて木樽に入れ2週間乳酸発酵させる、お茶の葉っぱにつく植物性乳酸菌が働き発酵するのです。


8月お盆くらいにお茶を干すが、
天日で干し水分5%まで乾燥させて作られます。
乾燥後、熟成させて12月末年越ごろが飲み頃。
酸味が軽く感じられ、濃く出すか薄く出すかは好みですね。


効能は30種類近い乳酸菌が含まれ、血糖値を抑えたり、整腸作用があったりするほか、抗アレルギーや花粉症などに効能があると、徳島大学福井教授ほか様々な研究者により紹介されています?
味わいとしては、ほのかな酸味と甘みがあり、ほかのお茶とは全く異なるのです。

阿波晩茶の歴史は平安末期800年前から各家で自家用として作られていた。
農家により、味が違うのは漬け込みしている時間も味もちがうから、発酵にかかわる乳酸菌のバランスも違うのです。

現在では生産農家の数は、昔よりかなり減り
上勝町では80軒農家今は10トン作られています。

3月に徳島に行った際に、リサーチで阿波晩茶協会へ視察&試飲&畑見学させていただきました。

今年、樽のオーナーになるので、一緒に参画してくれる方を募集します。

【オーナーになる特典】

1、阿波晩茶 500gお届け 出来上がりは10月以降
(乾燥茶葉なので500g結構量あります)

2、徳島県上勝町で、8月の茶摘み、茶作り体験できます。現地の農家さん、同じオーナーさんと交流もできます。
同じ時期に、徳島のWATANABE’Sで藍染ツアーも合わせて実施予定です。

3、出来上がりの阿波晩茶を使った腸活発酵レッスン(収穫できてから)に1回無料参加
*何回かレッスン開催予定です。

〈オーナー参加費 〉 10000円(税込)
限定10人となります。

【申し込みご案内こちらから】


以下の申し込みフォームよりお願いします。

https://www.secure-cloud.jp/sf/1597740678tXocCUAX

阿波晩茶 収穫、茶作り動画はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。