秋田の古民家、湖北邸から古文書発見!

秋田の男鹿なまはげが、ユネスコ無形文化遺産に登録され、盛り上がってますね!
私の関わる秋田の古民家、【湖北邸】が古文書発見で凄いことに?

そしてまた、、ワクワクドキドキすることがありました。歴史を紐解くロマンの物語が始まりそうです。
そんな湖北邸からの新情報。
先日、
世話人の佐藤さんという方が屋根裏に上がって、棟札発見❗️
なんと、築170年にもなる物件だそう。
江戸末期嘉永1848~1855の間に建てられたものらしいです。
そして、さらに、、
隠し部屋も発見さる古文書もあり、17日に県の文化財担当が調べに来るらしいです!
昔の文字を読める人でないと、読めないという
古文書。すごいなあ、、
まさかの今年GWからの早い展開に
見つけてもらいたかった何かの力を感じてやまないです。
来年春には、秋田の方々と湖北邸にて
畳張替え会
障子張替えワークショップ
を予定しています。
ますます、来年度も地域で楽しいこと、
勢い増していきます!


仲間大募集中です!
来年、さらに秋田に関わる仲間を増やしていきたいな。
湖北邸のフェイスブックページ
湖北邸の紹介ページはこちら
秋田の湖北邸でも色々イベントして、秋田関わり人口を増やしたいなあと思ってます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。